クレジットカードの審査内容とは

クレジットカードを発行する際には、必ず申し込んだクレジットカード会社による審査が行われます。

近年では審査の大部分が自動化されているため、最初に書くことになる申込書に書き忘れや不備があると、審査員によるチェックが行われるので時間がかかり、審査が長引く可能性があるので注意が必要です。



基本的なので見落としがちですが、申込書の必須項目は全て埋めてから提出しましょう。

審査システムによる処理では、過去に発行するクレジットカード会社で事故を起こしていないかなど確認され、さらに信用情報機関への照会が行われます。

カード発行までの時間が短縮傾向にあるのは、システムが自動化されているおかげです。


しかし、一連の自動化された流れの中で判断できない申し込みの場合は、審査員が手動で審査を行います。



信用情報機関では、申し込んだクレジットカード会社以外の、これまでのクレジット利用履歴などが記載されています。


そのため、過去5年間の間に支払いの遅延などがあった場合、審査に通らないことも考えられます。

審査では主に申込者にきちんと返済能力があるかを調査されます。

安定的な収入があることが大きなポイントとなり、職業や勤務先、雇用形態や勤続年数がチェックされます。
電話で勤務先へ在籍確認を行うのはまれですが、勤務先への在籍が疑われるようなケースのみ電話連絡が行われます。



申込書に事実を書いていれば、確認が行われるのを過度に心配する必要はありません。