クレジットカードを作るのは若いうちに

クレジットカードには様々な種類がありますが、銀行が発行するゴールドカードやプラチナカードは非常に高いステータスの象徴になります。

信販系や消費者金融のクレジットカードに比べて審査が厳しく、簡単に取得することが出来ないからです。


もしクレジットカードに興味があり、将来的にそのようなカードを持ちたい人は、なるべく早く一般カードの申し込みをした方が良いでしょう。



クレジットカードの取得には、審査に合格する必要があります。
審査は勤務年数や年収、年齢など様々な要素を総合して結果を出します。新規の契約者が少ないことから審査のハードルは概して低くなってきていますが、まだまだ審査に落ちることはよくあります。

若いうちに審査を受けると有利な理由は、年齢の要素です。
同じ年収や勤務年数の場合、特に20代と30代で評価は異なってきます。


低い年収の場合は、20代であれば審査に影響が少なくなります。
また、取得してからの年数も長くなる分有利になります。

ランクの高いカードを作るにはクレジットヒストリーを構築する必要があります。

10年、20年とコンスタントにカードを利用し続け、その間にゴールドカードを取得し、一度も延滞が無い状態を作るとプラチナカードのインビテーションが来る可能性が出てきます。

インビテーションの基準は明らかにされていませんが、利用年数の長さは考慮されるのは間違いありません。



様々な可能性が広がりますので、クレジットカードは若いうちに作りましょう。