クレジットカードが不正に利用されたときは

カードさえ持っていればショッピングなどの支払いをキャッシュレスで行えるクレジットカード。


いまや生活に必須のアイテムともいえるものですが、悪用されるリスクも常に付きまといます。

スキミングやウイルスによる情報流出、盗難、紛失など、さまざまなシチュエーションで不正利用される可能性があるのです。



ですからクレジットカードを所持している人は、万が一このような事態に遭遇したときの対処方法も知っておくことが必要になります。

クレジットカードが不正利用されていることに気が付いたら、早急にカード発行会社に連絡しましょう。

基本的にはカードの裏面に連絡先も掲載されていますが、カードそのものがない場合もありますので、いざというときのために普段からスマートフォンなどに連絡先を登録しておくと無難です。



カード会社に連絡した時点で該当するクレジットカードは利用できなくなり、新しいカードが発行されることになります。
その間、もしカードが悪用されていたとしても、保険が適用されますので利用分を支払う必要はありません。
ただし不正利用されたことに対して、過失があると認められる場合には保険が適用されない可能性もあります。

また一定の期間が経過した後に不正利用に気がついて連絡した場合も、保険が適用されず、利用分を支払うことになる可能性があります。


もっともこれらに関しては過度に心配する必要はありません。



通常の使い方をしており、きちんと明細をチェックしていればまず問題ないでしょう。